目指すは「プロの経営者」

起業をお考えなら、出来るだけ早く税理士とコンタクトを取られることをお薦めいたします。

税理士は喜んで御相談に応じます。

相談を持ちかけたからといって料金はいただきません。

相談後、その税理士が気に入らなければ他を当たっていただいても、もちろん構いません。

(太田拓税理士事務所の場合)

 

税理士とのコンタクトをお薦めする理由

 

理由はただひとつ

起業をするなら、あなたは「プロの経営者」を目指すべきだからです。

税理士はその仕事上、多くの会社・商店を見てきています。

それもかなり踏み込んで。

その知識と経験から来るアドバイスは、「プロの経営者」を目指すあなたに非常に有益なものとなることでしょう。

 

それでは「プロの経営者」とは…?

まず「事業を経営する」とはどういうことなのか、を考えて見ましょう。

事業を経営する人は(つまり経営者は)、

事業を経営するためのお金を用意する

事業を進めるために必要な支払をする

事業を進めて支払ったお金以上の額のお金を得る

得たお金の一部で、また必要な支払をする

支払ったお金以上のお金を得る

この繰り返しを何回も何年も続けていくために、経営者は幾度となく立ちはだかる様々な問題を解決し、克服してゆきます。

このような経験を積み重ねていくうちに、最初のうちはなかなか解決できなかった問題も、難なく解決できるようになってゆきます。

そうなれば、事業はいつまでも問題なく存続することでしょう。

これが「プロの経営者」です。

その道は一朝一夕に極められるものではなく、また自分ひとりの力ではどうにもならないこともあるかも知れません。

どうか税理士のサポート・アドバイスを参考に一日も早く「プロの経営者」になられますことを期待しております。

 

税理士のサポートとは?

 

経営者の立場になられますと、今までまったく無縁であった様々な事務処理と関わらねばならなくなります

経理のこと、税務のこと、法務のこと、労務のこと、etc。

もしあなたが今まで会社勤めをされていたならお解かりでしょう。

それぞれこのようなことを専門に扱う部署があったはずです。

そして、これらのことはあなたがタッチすることなく、すべて担当者がやってくれたはずです。

しかし経営者になられたら、これらの事務処理はすべてあなたにかかってきます。

起業して間もなくなら、そのような担当者なんて採用する余裕なんてないかも知れませんね。

しかし、そうだからといって、放っておくわけにもいけません。

たかが事務処理。されど事務処理。

大変なことになるかも知れません。

 

そのようなときには税理士のような専門家が役に立ちます。

経理のことや税務のことは税理士の専門分野ですし、法務や労務は司法書士や社会保険労務士という専門家の分野ですが、

大概の税理士はそのような専門家とネットワークを築いていますので、すぐに対応出来ます。

専門家に頼らず自分で処理しようとお考えになりますか?

ネットであれこれ検索されますか?それとも本屋に走って専門書を買い込みますか?

起業まもなくの大事な時、そんなことで時間をとられて大丈夫ですか?