税金的には、相続税と贈与税はセットになって挙げられることが多い税金です。

相続税はメジャーな名前もよく聞く税金であるのですが、贈与税に関しては、普段意識されている方はほとんどいない税金ではないでしょうか?

今回の事例は、贈与税に関して気を付けておいていただきたい事例になりますのでご紹介いたします。

「先日孫に500万円あげた」

お客様からこのような話をお聞きしました。

もちろんお客様にしてみれば、家族でもある孫に500万円あげる話は日常どこにでも転がっているような内容であり、そこに税金が発生するなどはあまり考えることはありません。

ただし税法上は贈与税の課税対象となります。そのため500万円を一度に渡すのではなく、計画的に渡す(贈与する)ことによって、トータルの税金の額を減らすことが可能なのです。

500万円一度にあげるのではなく、例えば2回・3回に分けてあげれば税金の額が減額できます。時間は掛かりますが、金額によっては何年かにまたがって少しずつあげることにより、より節税という方向で計画することが出来ます。

家族内、親族内でも、多額のお金が動く場合は「贈与税」という税金が必ず絡んできます。

名義変更してしまった後では、すでに贈与税の対象になってしまいますので、このように多額のお金を子供や孫の口座に振り込むなどといった場合には、法人・個人を問わず必ず最寄りの税理士にご相談してください。

どのような計画を立てることが一番の節税になるのかということを、まずは理解し、適切な対応を取るようにして欲しいと思っています。

贈与税は非常に税率の高い税金でもありますので、分からないところでごっそり納税対象金額が増えてしまうことを避けるためにも、必ず法人・個人を問わず事前にご相談いただけるようにお客様にはお願いしております。

お客様には日々の雑談の中から、そのようなお話も常にさせて頂いております。

税金全般、もちろん贈与税に関しても、すべての依頼者やご家族全員に、税への理解を求めることは非常に困難なところもあります。

贈与予定のある方は、ぜひ、身近な税理士を活用して、どのような計画的な贈与が一番節税に良いのかというところを事前に知っておくということが大切になります。

もちろんこの事例では、500万円はすぐに祖父に返してもらって、計画的にお客様の目的に沿って贈与する形に変更していただきました。

お客様側にも適正に節税をしていただけて、喜んでいただいた事例となりました。

太田拓プロフィール(事例)